歯磨き粉に含まれる実は危険な成分とは!?

2022年9月30日

歯磨き粉に含まれる危険な成分についてです。

危険な成分とはズバリ『フッ素』です。

フッ素と言うと市販の歯磨き粉には普通に
含まれている成分なので、
安全な物として捉えられていることが多いかもしれません。

歯医者さんでもフッ素をぬってもらうこともありますし
危険というより歯にいいものという認識が強いですよね。

でも実はフッ素は猛毒なんです。

試しにググってみていただいてもフッ素が
有害なことがわかるかと思います。

フッ素の危険性

具体的には、フッ素は斑状歯という歯に斑点が
できてしまう病気になる恐れがあったり、

その副作用として骨の発育異常やダウン症、
がん等を引き起こす可能性があると言われています。


フッ素の歴史

フッ素の歴史は1969年にWHOが虫歯予防として
広めていきました。

ですが、1994年にはフッ素の有害な面がわかり始め、
6歳以下の子供へのフッ素洗口を強く禁止するようになりました。

海外ではスウェーデン、ドイツ、オランダで
フッ素使用を中止しているほどです。

ですが日本では中止される様子は全くなく、
いまだに子供向けの歯磨き粉の中にも
普通にフッ素が含有されています。

病気をわざと誘発しているともとれてしまいますよね。。

だからこそ親である私たちがしっかりと
成分を見て危険なものは避けていく努力をしないと
いけないなと常々思います><

メルマガ~限定特典あり~

私のメルマガでは、

・新米ママさん/パパさん

・健康にはあまり興味がない

といった方に向けてお役に立つ情報を発信しています。

例えば

・予防接種の危険性

・スーパーで売られているもののほとんどが○○〇たっぷり

・国産の野菜には○○がたっぷり

・危険な調理器具

・シャンプーに含まれる危険なもの

・歯磨き粉の闇

などなど・・・



今なら期間限定で下の特典もお渡ししていますので、
ぜひご登録してみてください!

特典
「体に良い食材と危険な食材」

ご登録はこちらから!↓

マインド

Posted by sayaka